暖房器具の選び方目的別の暖房選び>暖房の光熱費・ランニングコスト比較

暖房の光熱費・ランニングコスト比較

暖房器具は電気や灯油などを使い冬場の光熱費の多くを占めてしまいます。下手に暖房器具を使い続けると暖房費だけで数万円の光熱費となってしまうことさえあります。ここでは、暖房器具を「光熱費」に絞ってどの暖房器具が効率的なのかを徹底比較していきます。

スポンサーリンク

暖房器具の光熱費を比較する上でのポイント

まず、暖房器具の光熱費を比較する上で重要なのは、同じ暖かさを得るためにどの程度の光熱費(電気代・ガス代・灯油代)が必要になるのかを比較することが大切です。

ここでは、代表的な暖房器具として、「エアコン」「電気ストーブ」「石油ストーブ」についての各種暖房の暖房能力とその運用維持にかかる光熱費を徹底比較していきます。

以上の光熱費計算で利用するのは以下の数値に基づいて計算します。

電気代:1kWhあたり24円 1kWhのカロリー換算:860kcal
灯油代:1リットルあたり100円 1リットルのカロリー換算8771kcal
(詳細は「暖房に使うエネルギー源と光熱費」をご参照ください)

単純比で言えば、100円あたりのカロリー量は(kcal/100円)は電気(3583kcal/100円)、灯油(8771kcal/100円)となり、灯油が有利となります。

一方、エアコンは「ヒートポンプ技術」により成績係数(COP)が最新式のエアコンの場合4倍近くあります。これは投入した電気の何倍のエネルギーを生み出すことができるのか?という指標になります。

 
成績係数(COP)
kcal/100円
エアコン
4
14332kcal
石油ストーブ
1
8771kcal
ガスファンヒーター
1
7012kcal
電気式ストーブ
1
3583kcal

以上を比較すると、暖房効率を考えた場合、エアコン>石油ストーブ>ガスストーブ>電気ストーブの順となります。

ちなみに、電気や灯油を熱に替える場合、電気・灯油・ガスのがすべて熱に変わるというわけではありません。

光エネルギーとして放出される部分のように、熱以外に利用されてしまうエネルギーもあるわけです。そのため、実際には同じエネルギーを消費する暖房器具であっても最終的な熱効率は変わってきます。

上記であらわしている熱量は仮に全てが熱となった場合という仮定付きの検証となります。ただし、概ねの数値としては近いものがあるはずですので、光熱費(ランニングコスト)で暖房器具を選びたいという場合はぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

「暖房の光熱費比較」の用語解説・関連サイト

ここでは、「暖房の光熱費比較」に関連するお役立ちウェブサイトや通販サイトなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

ヒートポンプ技術とは
ヒートポンプ技術とは熱交換により暖房・冷房の効率を向上させる技術のこと。

COP(成績係数)とは
COPとはヒートポンプ技術の成績を示す指標のこと。

暖房器具比較 暖房器具の賢い選び方

暖房に関する基礎知識
暖房についての仕組みや暖房器具の方式、特徴、一般的なメリット・デメリットなどを紹介します。
暖房の効果を高めるテクニック
上手に冬の寒さに向き合うための暖房効果を高めるテクニックや暖房の活用法をガイド
目的別の暖房選び
用途・目的別に暖房器具の選び方を徹底的に解説していきます。
個別暖房器具の特徴比較
エアコン、石油ストーブ、電気ストーブなどの各種暖房器具の特徴を徹底比較。

 

おすすめ暖房器具

管理人がオススメするイチオシの暖房器具を紹介していきます。
>>冬の電力不足と暖房器具と節電
D091549EFS(デロンギ)
輻射熱と自然対流により部屋を快適に暖めるオイルヒーター。人気の高出力タイプ。高気密住宅や寝室などの暖房にオススメ。
>>通販サイトへ
TOYOTOMI 石油ストーブ
(RB-25D)
電気が不要なので、停電時や災害時にも力を発揮する対流型石油ストーブ。耐震自動消火装置付き。
冬場の節電にも最適。
>>通販サイトへ

 

暖房器具・家電関連サイト

暖房器具や家電製品などに関連するウェブサイトを紹介しています。