暖房器具の選び方目的別の暖房選び子どもがいるので安全な暖房を使いたい人にお勧めの暖房器具

子どもがいるので安全な暖房を使いたい人

小さな子どもや赤ちゃんがいるようなご家庭では暖房器具を使う場合にはその「安全性」というものを気にするべきです。使い方によっては火傷や火災などの原因ともなる暖房器具です。安全性の高いものを使いたいものですね。

スポンサーリンク

安全性を考える暖房器具の選び方、火事火災や火傷などの予防

暖房器具は「熱」を発します。
そのため、その熱で火傷をしたり、衣服などの可燃物に引火して火災が発生するというようなリスクがあります。また、燃焼タイプの暖房などは一酸化炭素中毒などの恐れもあります。

特に、小さな子供や赤ちゃんなどは大人が思いもつかないような突拍子もない行動をしがちです。そうした小さな子どもにも配慮した暖房器具選びや予防策が必要です。

 

安全性が高いのは火を使わない、燃焼のリスクが無い暖房

やはり安全性が高い暖房というのは火を使わない、また可燃物などが近くにあっても引火するリスクが無い暖房器具がお勧めです。 電気式の暖房がお勧めとなります。

 

・エアコン 火事も火傷の心配もない
基本的に引火の恐れはありませんし、触っても(多分触れませんが)、火傷をすることはありません。空気の乾燥などを心配される方も多いかもしれませんが、赤ちゃんや小さい子どもがいる家庭のメイン暖房としてはやはりエアコンがお勧めです。
エアコンの特徴

 

・オイルヒーター 空気を汚さず火災などのリスクもない
熱を発する部分は多少熱くなりますが、さわってすぐに火傷をするような温度ではありません(高温部分もあるので柵などで二重の予防をするのもおすすめ)。火災の恐れもありません。また、空気を汚さないので小さな子ども、赤ちゃんに対する配慮としても万全です。ただし、長時間の利用は電気代をかなり食うのでご注意。
>>オイルヒーターの特徴

 

それ以外の暖房を利用する時の注意点

また、全体的な暖房器具を利用するにあたっての注意点をまとめます。

 

・柵などを立てて子どもが近づけないようにする
暖房器具に近づけないように、柵などを使って子どもが火(暖房)に近づけないように物理的な工夫をしておきましょう。暖房器具ように「ストーブガード」というような柵が販売されているので、そうしたものを活用しましょう。

 

・可燃物をそばに置かない
子どもがいる家庭だけでなくすべてに言えますが、紙や衣類などの可燃物を暖房の傍におかないようにします。ガス缶なども同様です。ストーブの上などで衣類を乾燥させるような行為は危険ですからやめましょう。
ちなみに、東京消防庁によると暖房器具による衣類火事で多いものは件数順に「電気ストーブ」「石油ストーブ」「ハロゲンヒーター」「ガスストーブ」の順で多くなっています。

 

・換気に注意
こちらも子どもがいる家庭だけの話ではありませんね。特に石油(ガス)ファンヒーター、石油ストーブなどを使う場合は換気をしっかりとしましょう。締めきった部屋での燃焼式の暖房利用は一酸化炭素中毒などの危険性があります。

 

スポンサーリンク

「子どもがいるので安全な暖房を使いたい」の用語解説・関連サイト

ここでは、「急速に部屋を暖めたい」に関連するお役立ちウェブサイトや通販サイトなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

・一酸化炭素中毒とは?

暖房器具比較 暖房器具の賢い選び方

暖房に関する基礎知識
暖房についての仕組みや暖房器具の方式、特徴、一般的なメリット・デメリットなどを紹介します。
暖房の効果を高めるテクニック
上手に冬の寒さに向き合うための暖房効果を高めるテクニックや暖房の活用法をガイド
目的別の暖房選び
用途・目的別に暖房器具の選び方を徹底的に解説していきます。
個別暖房器具の特徴比較
エアコン、石油ストーブ、電気ストーブなどの各種暖房器具の特徴を徹底比較。

 

おすすめ暖房器具

管理人がオススメするイチオシの暖房器具を紹介していきます。
>>冬の電力不足と暖房器具と節電
D091549EFS(デロンギ)
輻射熱と自然対流により部屋を快適に暖めるオイルヒーター。人気の高出力タイプ。高気密住宅や寝室などの暖房にオススメ。
>>通販サイトへ
TOYOTOMI 石油ストーブ
(RB-25D)
電気が不要なので、停電時や災害時にも力を発揮する対流型石油ストーブ。耐震自動消火装置付き。
冬場の節電にも最適。
>>通販サイトへ

 

暖房器具・家電関連サイト

暖房器具や家電製品などに関連するウェブサイトを紹介しています。