暖房器具の選び方個別暖房器具の特徴比較>蓄熱暖房(蓄熱ヒーター・ファンヒーター)

蓄熱暖房(蓄熱ヒーター) / 暖房器具比較

蓄熱暖房(蓄熱ヒーター)は、電気を使ってレンガなどの蓄熱性のある素材をあたためておき、その熱を使って暖房する暖房器具です。
あたためた蓄熱素材からの輻射熱を発するタイプ(蓄熱暖房)とファンをまわして熱を循環させるファンヒータt-タイプがあります。どちらも割安な深夜電力を使えるオール電化住宅向けの暖房器具です。

スポンサーリンク

蓄熱暖房(蓄熱ヒーター)の暖房としての5段階評価

蓄熱暖房(蓄熱ヒーター)は、基本的には効率性の高い暖房器具ではありません。電気ヒーターを使って熱をつくり、その熱を蓄熱素材(レンガなど)に蓄えておき、その熱を放出するというものです。「暖房エネルギー比較」の項目でも挙げたとおり、コストパフォーマンスで言えば、電気だけを使った暖房方式は効率が悪いのです。

しかしながら、蓄熱暖房(蓄熱ヒーター)の場合、その電気のコスト自体が安くなるのです。オール電化住宅の場合割安な深夜電力を利用できるようになっています。通常の電気代が24円/kWh程度なのに対して、深夜電力は9円/kWh程度(約2.5分の1)になっています。
つまり、効率性も通常の深夜電力を活用しない通常の暖房器具よりも2.5倍ほど高効率に運用できる暖房器具になるわけです。
というわけで、深夜電力の優遇が受けられるプランでの利用なら蓄熱暖房器具は比較的優れた暖房器具といえます。

一方のデメリットはその重量です。蓄熱素材はレンガなど比重があるため、どうしても重量が重くなりやすいという点が挙げられます。
そういった理由から、手軽に導入するというわけにはいかない感じの暖房ですね。

節電効果については決して高効率というわけではありません。電気の使用量自体は多い暖房器具です。しかしながら、電力需要が多くない時間帯(深夜)の電気を使いますので、冬場の電力不足に与える影響は軽微といえます。

経済性(光熱費・ランニングコスト) ★★★★
イニシャルコスト(導入コスト) ★★
速暖性(あたたまる速さ) ★★★
全体暖房性能 ★★★★
部分暖房性能 ★★
環境・空気(換気性能) ★★★★
手間・使い勝手 ★★★★
安全性 ★★★★
節電効果 ★★★
上記の評価は個人的な評価となっております。機器の年式などによっては必ずしも上記の通りとはいえない場合もあります。

 

蓄熱暖房(蓄熱ヒーター)のメリット

  1. 割安な深夜電力を利用するため効率性が高い

蓄熱暖房(蓄熱ヒーター)のデメリット

  1. 重量がある。
  2. サイズが大きいので、冬場以外の時期に邪魔になりやすい(収納は無理)

 

蓄熱暖房(蓄熱ヒーター)の購入について

蓄熱暖房(蓄熱ヒーター)の購入を検討されている方にお役立ちリンクを紹介します。

・蓄熱暖房(蓄熱ヒーター)のクチコミ情報
・蓄熱暖房(蓄熱ヒーター)を楽天市場で探す
・蓄熱暖房(蓄熱ヒーター)をAmazonで探す
蓄熱暖房(蓄熱ヒーター)をYahooショッピングで探す
蓄熱暖房(蓄熱ヒーター)をYahooオークションで探す

スポンサーリンク

「蓄熱暖房(蓄熱ヒーター)」の用語解説・関連サイト

ここでは、「蓄熱暖房(蓄熱ヒーター)」に関連するお役立ちウェブサイトや通販サイトなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

蓄熱暖房について (床暖房・蓄熱暖房ガイド
蓄熱暖房の特長について解説。

暖房器具比較 暖房器具の賢い選び方

暖房に関する基礎知識
暖房についての仕組みや暖房器具の方式、特徴、一般的なメリット・デメリットなどを紹介します。
暖房の効果を高めるテクニック
上手に冬の寒さに向き合うための暖房効果を高めるテクニックや暖房の活用法をガイド
目的別の暖房選び
用途・目的別に暖房器具の選び方を徹底的に解説していきます。
個別暖房器具の特徴比較
エアコン、石油ストーブ、電気ストーブなどの各種暖房器具の特徴を徹底比較。

 

おすすめ暖房器具

管理人がオススメするイチオシの暖房器具を紹介していきます。
>>冬の電力不足と暖房器具と節電
D091549EFS(デロンギ)
輻射熱と自然対流により部屋を快適に暖めるオイルヒーター。人気の高出力タイプ。高気密住宅や寝室などの暖房にオススメ。
>>通販サイトへ
TOYOTOMI 石油ストーブ
(RB-25D)
電気が不要なので、停電時や災害時にも力を発揮する対流型石油ストーブ。耐震自動消火装置付き。
冬場の節電にも最適。
>>通販サイトへ

 

暖房器具・家電関連サイト

暖房器具や家電製品などに関連するウェブサイトを紹介しています。