オイルヒーター / 暖房器具比較

オイルヒーターは電気の力でヒーター内の難燃性オイルをあたためて、その温まったオイルの熱を自然循環させることにより部屋を暖める暖房器具です。
部屋全体を暖める力は弱いですが、その高い安全性と空気を汚さないという特徴から近年人気が高まっています。特に、高気密住宅との相性が良い暖房器具です。

スポンサーリンク

オイルヒーターの暖房としての5段階評価

オイルヒーターは安全性の高さと空気を汚さないクリーンさから、高齢者や赤ちゃんがいる家庭などで活用が増えている暖房器具です。電気ですから空気は汚しませんし、特別高温になるわけではないので、高温火傷の心配も少ないです。従来の木造住宅など気密性が低い日本の住宅には不向きとされていましたが、近年では住宅の高気密化が進んでおりオイルヒーターもかなり見直されています

部屋全体をじんわりと暖めることができるので、陽だまりにいるような暖房とたとえられることが多いです。

部屋全体をあたためるスピードが他の暖房器具より遅く、また電気ストーブのようにスポット利用でもないため、電気代が高くつくというデメリットもありますが、タイマー機能などをしっかりと利用すればそれなりに電気代を抑えることも可能です。

経済性(光熱費・ランニングコスト) ★★
イニシャルコスト(導入コスト) ★★★
速暖性(あたたまる速さ)
全体暖房性能 ★★★
部分暖房性能 ★★
環境・空気(換気性能) ★★★★★
手間・使い勝手 ★★★★★
安全性 ★★★★★
節電効果 ★★
上記の評価は個人的な評価となっております。機器の年式などによっては必ずしも上記の通りとはいえない場合もあります。

 

オイルヒーターのメリット

  1. 部屋全体があたたまると快適
  2. 空気を汚さない
  3. 安全性が高い

オイルヒーターのデメリット

  1. 電気代が高くつく
  2. 部屋をすぐに暖める能力は低い(温まるまで時間がかかる)

 

オイルヒーターの購入について

オイルヒーターの購入を検討されている方にお役立ちリンクを紹介します。

・オイルヒーターのクチコミ情報
オイルヒーターを楽天市場で探す
オイルヒーターをAmazonで探す
オイルヒーターをYahooショッピングで探す
オイルヒーターをYahooオークションで探す

 

オイルヒーターの活用術

オイルヒーターの欠点は「電気代」の高さ。
電気を使って内部の油をあたためて、その油からの輻射熱を利用するという形になるので、かなり電気代を喰います。調子に乗って一日中付けておくと思わぬ電気代にびっくりしてしまうことも。

オール電化住宅や時間帯によって電気代の単価が安くなる契約をしておけば、夜間の電気代単価は安いので、夜だけ(眠る時だけ)はオイルヒーターを使うといった方法も有効かと思います。

スポンサーリンク

「オイルヒーター」の用語解説・関連サイト

ここでは、「オイルヒーター」に関連するお役立ちウェブサイトや通販サイトなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

・特にありません。

暖房器具比較 暖房器具の賢い選び方

暖房に関する基礎知識
暖房についての仕組みや暖房器具の方式、特徴、一般的なメリット・デメリットなどを紹介します。
暖房の効果を高めるテクニック
上手に冬の寒さに向き合うための暖房効果を高めるテクニックや暖房の活用法をガイド
目的別の暖房選び
用途・目的別に暖房器具の選び方を徹底的に解説していきます。
個別暖房器具の特徴比較
エアコン、石油ストーブ、電気ストーブなどの各種暖房器具の特徴を徹底比較。

 

おすすめ暖房器具

管理人がオススメするイチオシの暖房器具を紹介していきます。
>>冬の電力不足と暖房器具と節電
D091549EFS(デロンギ)
輻射熱と自然対流により部屋を快適に暖めるオイルヒーター。人気の高出力タイプ。高気密住宅や寝室などの暖房にオススメ。
>>通販サイトへ
TOYOTOMI 石油ストーブ
(RB-25D)
電気が不要なので、停電時や災害時にも力を発揮する対流型石油ストーブ。耐震自動消火装置付き。
冬場の節電にも最適。
>>通販サイトへ

 

暖房器具・家電関連サイト

暖房器具や家電製品などに関連するウェブサイトを紹介しています。