石油ファンヒーター / 暖房器具比較

石油ファンヒーターは多くの家庭で導入されている灯油式暖房器具ではないでしょうか?燃焼させた灯油をファンを使って強制的に対流させる暖房器具です。
燃焼による熱がすばやく対流するため、部屋全体を暖めるスピードは石油ストーブよりも速いと感じるでしょう。

スポンサーリンク

石油ファンヒーターの暖房としての5段階評価

石油ファンヒーターは、灯油を機械的な仕組みにより気化させて、それを空気と混ぜたガスにしてそれを燃焼させます。部屋を暖める速度も速いです。
また、エネルギー源としては安価な灯油を使いますので光熱費のコストパフォーマンスも高い暖房器具となります。

また、燃焼に伴い水蒸気が発生するため、室温が上がっても空気が乾燥しにくいというのも長所といえます。

その一方で、石油ストーブ同様に、燃焼によるガス(一酸化炭素)が発生することになりますので、一定時間ごとに空気の入れ替えをする必要があります(FF式の場合は不要)。
また、ファンヒーターは温風を下から出す仕様になっているため、床のほこりなどを巻き上げてしまうというのも問題です。
灯油の保管や補給などで手間がかかるほか、事故などにも注意する必要があります。

石油ストーブと比べると危険性は低いですが小さな子どもがいるような場合は、燃焼によって発生する熱で火傷をしないように柵を設けるなどの安全対策を講じる必要もあるでしょう。

経済性(光熱費・ランニングコスト) ★★★★★
イニシャルコスト(導入コスト) ★★★
速暖性(あたたまる速さ) ★★★★
全体暖房性能 ★★★★
部分暖房性能 ★★
環境・空気(換気性能) ★★
手間・使い勝手 ★★
安全性 ★★
節電効果 ★★★★
上記の評価は個人的な評価となっております。機器の年式などによっては必ずしも上記の通りとはいえない場合もあります。

 

石油ファンヒーターのメリット

  1. 速暖性が高い
  2. 部屋全体を暖める能力が高い
  3. 光熱費効率性(コストパフォーマンス)が高い

 

石油ファンヒーターのデメリット

  1. 灯油を補給したり購入するための手間がかかる
  2. 定期的な換気が必要
  3. 灯油独特のにおいがある
  4. 停電時は使用不可

 

石油ファンヒーターの購入について

石油ファンヒーターの購入を検討されている方にお役立ちリンクを紹介します。

・石油ファンヒーターのクチコミ情報
石油ファンヒーターを楽天市場で探す
石油ファンヒーターをAmazonで探す
石油ファンヒーターをYahooショッピングで探す
石油ファンヒーターをYahooオークションで探す

 

石油ファンヒーターの活用テクニック

以下では、石油ファンヒーターをより効率的に活用するための活用方法や注意点などを説明していきます。

ファンヒーターのお掃除とお手入れ

エアーフィルターや温風空気取り入れ口、温風吹き出し口などは、1週間に一度以上は掃除をするようにしてください。長期間放置するとほこりが貯まって故障の原因になります。

 

収納時は(季節の終わりには)しっかりと灯油は使い切ること

石油ファンヒーターをしまう際は、まず灯油を使い切りましょう。そして空気取り入れ口などのホコリを掃除機で吸出して掃除した上で、できるだかホコリが付かないようにカバーなどをして水平な場所に保管します。

スポンサーリンク

「石油ファンヒーター」の用語解説・関連サイト

ここでは、「石油ファンヒーター」に関連するお役立ちウェブサイトや通販サイトなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

・特にありません。

暖房器具比較 暖房器具の賢い選び方

暖房に関する基礎知識
暖房についての仕組みや暖房器具の方式、特徴、一般的なメリット・デメリットなどを紹介します。
暖房の効果を高めるテクニック
上手に冬の寒さに向き合うための暖房効果を高めるテクニックや暖房の活用法をガイド
目的別の暖房選び
用途・目的別に暖房器具の選び方を徹底的に解説していきます。
個別暖房器具の特徴比較
エアコン、石油ストーブ、電気ストーブなどの各種暖房器具の特徴を徹底比較。

 

おすすめ暖房器具

管理人がオススメするイチオシの暖房器具を紹介していきます。
>>冬の電力不足と暖房器具と節電
D091549EFS(デロンギ)
輻射熱と自然対流により部屋を快適に暖めるオイルヒーター。人気の高出力タイプ。高気密住宅や寝室などの暖房にオススメ。
>>通販サイトへ
TOYOTOMI 石油ストーブ
(RB-25D)
電気が不要なので、停電時や災害時にも力を発揮する対流型石油ストーブ。耐震自動消火装置付き。
冬場の節電にも最適。
>>通販サイトへ

 

暖房器具・家電関連サイト

暖房器具や家電製品などに関連するウェブサイトを紹介しています。