部分暖房 ピンポイント、一時的な利用がおすすめ

部分暖房はごく一部の限られた場所を暖めるタイプの暖房器具です。どちらかというと補助的な暖房器具として使われることが多いです。ごく一部だけの空気を暖めるタイプというよりも、部分暖房機のそばにいる人を直接暖めるタイプが主流です。

ピンポイントや、ごく短時間の一時的な利用において適した暖房方式といえます。

スポンサーリンク

部分暖房の特徴

部分暖房を代表するのは、電気ストーブやハロゲンストーブ、カーボンストーブといった直接人を暖めるタイプの暖房器具が多いです。また、コタツや部分的なホットカーペットなども部分暖房にあたるでしょう。

多くのものは「電気式」となっています。電気式暖房は「暖房に使うエネルギー源比較」のページでも解説していますが、エアコンを除き電気代に対する暖房効率は決して高くありません。そのため、短時間の利用で効率的に使うことが求められます。

 

部分暖房の長所(メリット)

ごく一部を暖める能力に優れ、速暖性(すぐにあたたまる性質)があるものがほとんどであるため、寒い時すぐに暖かくなるというメリットがあります。

たとえば、洗面所やトイレといったような一時的に利用する場所や、限られた場所で利用すると効果的です。特に冬場などは寒い風呂場(洗面所)やトイレでは高齢者によるヒートショックによる死亡事故も多発します。

ヒートショックとは暖房の効いた部屋から寒いところに移動することで急激な温度変化による血圧の乱高下や脈拍の変化などで脳出血や心筋梗塞などの症状を引き起こすことです。特に事故が多いのは「お風呂場」「洗面所・脱衣所」「トイレ」です。
こうした場所ではピンポイントで使える部分暖房を上手に活用して下さい。

 

部分暖房の短所(デメリット)

暖房をオフにするとすぐに暖房効果がなくなる上、部屋全体を暖める能力は非常に低く、部分暖房機で部屋全体を暖める能力は高くありません。

特に電気式の部分暖房器具(電気ストーブやハロゲンヒーターなど)は長時間利用すると電気代が高額となることが多いので注意が必要です。

 

暖房の暖め方の種類

暖房方式の種類と特徴です。

対流式暖房 温かい空気の流れを作るタイプの暖房。
輻射式暖房 暖房器具自体が熱を発し、周囲の物をあたためる。
全体暖房 部屋全体に暖房効果をもたらすタイプ。
部分暖房 局所的に暖房効果をもたらすタイプ。

 

スポンサーリンク

「部分暖房」の用語解説・関連サイト

ここでは、「部分暖房」に関連するお役立ちウェブサイトや通販サイトなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

特に無し

暖房器具比較 暖房器具の賢い選び方

暖房に関する基礎知識
暖房についての仕組みや暖房器具の方式、特徴、一般的なメリット・デメリットなどを紹介します。
暖房の効果を高めるテクニック
上手に冬の寒さに向き合うための暖房効果を高めるテクニックや暖房の活用法をガイド
目的別の暖房選び
用途・目的別に暖房器具の選び方を徹底的に解説していきます。
個別暖房器具の特徴比較
エアコン、石油ストーブ、電気ストーブなどの各種暖房器具の特徴を徹底比較。

 

おすすめ暖房器具

管理人がオススメするイチオシの暖房器具を紹介していきます。
>>冬の電力不足と暖房器具と節電
D091549EFS(デロンギ)
輻射熱と自然対流により部屋を快適に暖めるオイルヒーター。人気の高出力タイプ。高気密住宅や寝室などの暖房にオススメ。
>>通販サイトへ
TOYOTOMI 石油ストーブ
(RB-25D)
電気が不要なので、停電時や災害時にも力を発揮する対流型石油ストーブ。耐震自動消火装置付き。
冬場の節電にも最適。
>>通販サイトへ

 

暖房器具・家電関連サイト

暖房器具や家電製品などに関連するウェブサイトを紹介しています。