輻射式暖房 遠赤外線でじんわり温める暖房方式

輻射式暖房とは、輻射熱を利用する暖房です。太陽の光と同じように暖房器具から出される赤外線があたっている場所が暖かくなります。ヒーターにあたっている部分はすぐに暖かくなりますが、あたっている物体を暖めますので部屋全体を暖める力は対流式より弱いです。

輻射熱により壁や物体などが温められると、それ自体が熱を発するようになります。結果として一定時間輻射式暖房を利用していれば、じんわりとした温かさが持続します。
こうなると室内の気温が高くなくても人は温かさを感じることができます。気温が上がらないため空気が乾燥しないというメリットもあります。

スポンサーリンク

輻射式暖房の特徴

輻射式暖房として代表的な暖房器具は「電気ストーブ」「オイルヒーター」「床暖房」「蓄熱ヒーター」「石油ストーブ」「薪ストーブ」などが代表的です。遠赤外線により熱の向かった方向にある物体を暖める作用のある暖房器具です。空気を暖めるのではなく、熱が向かった先の物体を暖める作用があります。

 

輻射式暖房の長所(メリット)

輻射式暖房の長所(メリット)は電気ストーブのようなタイプなら、スイッチをつけて前にいればその場所だけがすぐに暖かくなるという点があります。一方、オイルヒーターや床暖房などは、すぐにその場が暖かくなるというよりは、部屋全体をじんわりとあたためます。ストーブを除き燃焼を伴わないため、部屋の空気を汚さないというメリットもあります。

壁面や床の温度が上昇することで、体感温度もアップしますので、室温が低くても寒さを感じにくいです。よく、陽だまりのような温かさと書かれることが多いように輻射式暖房で暖まっている部屋は過ごしやすいです。

また、輻射熱による暖房は空気を暖めませんので部屋が乾燥しません。
そのため、過度な加湿の必要が無いため結露などを引き起こしにくいというメリットがあります。

 

輻射式暖房の短所(デメリット)

輻射式暖房の短所(デメリット)は、部屋全体を暖めるのには適しておらず、大型器具を除き広い部屋の場合には輻射式暖房だけでは暖めきることは難しいという点があげられます。何らかの別の暖房器具が必要となることもあります。

また、オイルヒーターや電気ストーブなどは電気代を大きく消費するため、思いのほかランニングコスト(電気代)が高くつくというコスト上のデメリットもあります。


暖房の暖め方の種類

暖房方式の種類と特徴です。

対流式暖房 温かい空気の流れを作るタイプの暖房。
輻射式暖房 暖房器具自体が熱を発し、周囲の物をあたためる。
全体暖房 部屋全体に暖房効果をもたらすタイプ。
部分暖房 局所的に暖房効果をもたらすタイプ。

 

スポンサーリンク

「輻射式暖房」の用語解説・関連サイト

ここでは、「輻射式暖房」に関連するお役立ちウェブサイトや通販サイトなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

輻射熱とは
輻射熱とは遠赤外線の熱線による熱のこと。

電気代のしくみ (電気代の省エネ
家電製品利用時の電気代がどの程度必要になるのかの仕組みを解説しています。

暖房器具比較 暖房器具の賢い選び方

暖房に関する基礎知識
暖房についての仕組みや暖房器具の方式、特徴、一般的なメリット・デメリットなどを紹介します。
暖房の効果を高めるテクニック
上手に冬の寒さに向き合うための暖房効果を高めるテクニックや暖房の活用法をガイド
目的別の暖房選び
用途・目的別に暖房器具の選び方を徹底的に解説していきます。
個別暖房器具の特徴比較
エアコン、石油ストーブ、電気ストーブなどの各種暖房器具の特徴を徹底比較。

 

おすすめ暖房器具

管理人がオススメするイチオシの暖房器具を紹介していきます。
>>冬の電力不足と暖房器具と節電
D091549EFS(デロンギ)
輻射熱と自然対流により部屋を快適に暖めるオイルヒーター。人気の高出力タイプ。高気密住宅や寝室などの暖房にオススメ。
>>通販サイトへ
TOYOTOMI 石油ストーブ
(RB-25D)
電気が不要なので、停電時や災害時にも力を発揮する対流型石油ストーブ。耐震自動消火装置付き。
冬場の節電にも最適。
>>通販サイトへ

 

暖房器具・家電関連サイト

暖房器具や家電製品などに関連するウェブサイトを紹介しています。