去年の灯油(前シーズンの灯油)は使ってもいい?

よく聞く話として、去年使っていた灯油の残りがあるんだけどその灯油を今年も使っていいの?という質問があります。

その回答として模範解答は使うべきでない!という答えになるわけですが、どういった意味で去年の灯油は使えないのか?また昨年の持ち越し灯油はどうすればいいのかを回答していきます。

スポンサーリンク

持ち越した灯油を使わないほうがいい理由

まず、昨年・去年に買った灯油で残ったもの(古い灯油)はなぜ今年使ってはいけないのかを解説していきます。

灯油は比較的変質しやすい燃料です。そのため、長期間空気に触れていたり直射日光にさらされている場合は成分が変化(変質灯油)している可能性もあるのです。特に、灯油を灯油用ポリタンクで屋外で保管していた場合には1年間の間でほぼ変質しているものと考えられます。
また、屋外に保存していると雨水などで水が混入している場合があります。石油ファンヒーターなどで水が加わった灯油を使うと故障の原因になります。

逆をいえば、温度変化が少なく、直射日光が当たらない場所で保管されていた灯油については、去年のものであっても使える可能性も高いですが、このあたりは自己責任となります。これが原因で故障した場合、メーカー等は補償に応じない可能性が高いといえます。

 

灯油の変質を見分ける方法

灯油が変質したかどうかをチェックする方法として透明なコップなどに入れてみて、色が変色していないかチェックする方法があります。コップの後ろに白い紙をさらしてみると変色が分かりやすいです。
もし、透明で無い場合(黄色っぽい場合)は変質しています。その他、通常の灯油のニオイではない、酸味がかったニオイ(すっぱいニオイ)がする場合も変質の可能性が高いです。(ニオイをかぐ場合は直接ではなく、手であおぐようにしてかぎます)

 

変質した灯油の処分・処理について

変質した灯油を使用すると暖房器具の故障や事故の原因になりますので絶対に使用してはいけません。じゃあ、変質灯油はどうやって処分・処理したらいいのかというと、基本的には「ガソリンスタンド」などに持ち込む事で処分してもらうことができます。
(ただし、廃油処理には費用がかかります。)

スポンサーリンク

「去年の灯油は使ってもいい?」の用語解説・関連サイト

ここでは、「エアコンで空気が乾燥する理由と対策」に関連するお役立ちウェブサイトや通販サイトなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

特に無し

暖房器具比較 暖房器具の賢い選び方

暖房に関する基礎知識
暖房についての仕組みや暖房器具の方式、特徴、一般的なメリット・デメリットなどを紹介します。
暖房の効果を高めるテクニック
上手に冬の寒さに向き合うための暖房効果を高めるテクニックや暖房の活用法をガイド
目的別の暖房選び
用途・目的別に暖房器具の選び方を徹底的に解説していきます。
個別暖房器具の特徴比較
エアコン、石油ストーブ、電気ストーブなどの各種暖房器具の特徴を徹底比較。

 

おすすめ暖房器具

管理人がオススメするイチオシの暖房器具を紹介していきます。
>>冬の電力不足と暖房器具と節電
D091549EFS(デロンギ)
輻射熱と自然対流により部屋を快適に暖めるオイルヒーター。人気の高出力タイプ。高気密住宅や寝室などの暖房にオススメ。
>>通販サイトへ
TOYOTOMI 石油ストーブ
(RB-25D)
電気が不要なので、停電時や災害時にも力を発揮する対流型石油ストーブ。耐震自動消火装置付き。
冬場の節電にも最適。
>>通販サイトへ

 

暖房器具・家電関連サイト

暖房器具や家電製品などに関連するウェブサイトを紹介しています。