冷気の通り道は遮断して暖房効果アップ

暖房を使う上では、入ってくる冷気をいかに遮断するかも暖房効果を高めるテクニックの一つといえます。部屋に入ってくる冷気の通り道を把握して、それぞれの場所にあった対策を行うことで暖房効果を高めましょう。

せっかく暖房をつけていても、どことなく冷気を感じることはありませんか?それは冷気の通り道が存在しているのです。こうした冷気の通り道をできるだけ遮断することが暖房効果を高める効果的なテクニックです。

スポンサーリンク

窓ガラスからの冷気

そもそも窓ガラスというものは、冷気や熱気などを通しやすい性質を持っています(熱伝導性が高い)。温度というものは、それぞれが移動して均一になろうとします。そのため、寒い外と暖かい室内ではガラスを通して熱の移動が起こります。このため、窓ガラスを通じて暖かい熱が外に逃げ出し寒い冷気が室内に入ってくるのです。

対策としては「窓を断熱性の高いペアガラスなどに交換する」「窓に断熱シートを貼る」という方法や「カーテンを閉める」といったお手軽な方法があります。なお、カーテンで対策をする場合は床に接する長さにした上で、できるだけ厚手のものが効果的です。

窓については「窓の冷気を遮断して暖房効果アップ」でも詳しく紹介しているのでそちらもご一読ください。

関連商品
窓ガラス用断熱シート(楽天市場)

 

隙間風

部屋にどことなく、寒い風が通るという場合隙間風を疑いましょう。ドアの隙間や窓のサッシなど隙間があれば、寒い外と熱の移動により空気が入り込もうとしてきます。こうした空気の入り道を塞いでしまえば、暖房効果はアップします。

DIYショップなどでは「隙間テープ」や「隙間風ストッパー」のようなものが販売されていますので、ぜひ利用してみましょう。

関連商品
隙間風対策グッズ(楽天市場)

 

スポンサーリンク

「暖房効果を高める小技集」の用語解説・関連サイト

ここでは、「暖房効果を高める小技集」に関連するお役立ちウェブサイトや通販サイトなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

・特にありません。

暖房器具比較 暖房器具の賢い選び方

暖房に関する基礎知識
暖房についての仕組みや暖房器具の方式、特徴、一般的なメリット・デメリットなどを紹介します。
暖房の効果を高めるテクニック
上手に冬の寒さに向き合うための暖房効果を高めるテクニックや暖房の活用法をガイド
目的別の暖房選び
用途・目的別に暖房器具の選び方を徹底的に解説していきます。
個別暖房器具の特徴比較
エアコン、石油ストーブ、電気ストーブなどの各種暖房器具の特徴を徹底比較。

 

おすすめ暖房器具

管理人がオススメするイチオシの暖房器具を紹介していきます。
>>冬の電力不足と暖房器具と節電
D091549EFS(デロンギ)
輻射熱と自然対流により部屋を快適に暖めるオイルヒーター。人気の高出力タイプ。高気密住宅や寝室などの暖房にオススメ。
>>通販サイトへ
TOYOTOMI 石油ストーブ
(RB-25D)
電気が不要なので、停電時や災害時にも力を発揮する対流型石油ストーブ。耐震自動消火装置付き。
冬場の節電にも最適。
>>通販サイトへ

 

暖房器具・家電関連サイト

暖房器具や家電製品などに関連するウェブサイトを紹介しています。