暖房器具の選び方>2015年~2016年の冬の気温予想 今年は暖冬?それとも厳冬?

2015年~2016年の冬の気温予想 今年は暖冬?それとも厳冬?

暖房器具を比較する上では暖房というもののもつ特徴や原理を理解することで比較がより簡単になります。ここでは、暖房に関する基本的な知識を学びます。暖房というものの暖める作用についてのお話からエネルギー源、暖房に関するQ&Aなどを紹介します。

スポンサーリンク

2015年12月~2016年2月の冬の気温予想

寒暖予想によると、2015年12月~2016年2月の気温は平年並みあるいは平年よりも暖かい(暖冬)という予想が出ております。

NOAA(北米大気局)によると太平洋赤道付近の海面気温が上昇するエルニーニョ現象は過去と比べても強いと予想されており、過去の傾向から考えても暖冬となる可能性が高いというのが理由です。

もっとも、暖冬で良かったと考えるのは早計です。エルニーニョ現象は大雨や干ばつなどといった形で異常気象の原因ともなると言われています。 問題となったデング熱の流行についてもエルニーニョが誘発したのではないかとも言われています。

 

話が多少それましたが、今年の傾向としては「暖冬」という予想になりそうです。特に、南側ほどその傾向が強く、北海道などの北日本は平年並みという予想がされています。

降雪量は北日本では平年並みで、他の地域は平年よりやや少ないと予想されています。

スポンサーリンク

このページの用語解説・関連サイト

ここでは、「暖房に関する基礎知識」に関連するお役立ちウェブサイトや通販サイトなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

エルニーニョ現象とは?
エルニーニョ現象(El Nino)とは、太平洋中央部の赤道周辺から南米のペルー沿岸付近における海水面温度が例年よりも高くそれが続く現象のこと。日本の気象庁では1961年から1990年までの海面水温の平均値との差の5ヶ月移動平均が6ヶ月以上連続して0.5度以上高い場合と定義している。

暖房器具比較 暖房器具の賢い選び方

暖房に関する基礎知識
暖房についての仕組みや暖房器具の方式、特徴、一般的なメリット・デメリットなどを紹介します。
暖房の効果を高めるテクニック
上手に冬の寒さに向き合うための暖房効果を高めるテクニックや暖房の活用法をガイド
目的別の暖房選び
用途・目的別に暖房器具の選び方を徹底的に解説していきます。
個別暖房器具の特徴比較
エアコン、石油ストーブ、電気ストーブなどの各種暖房器具の特徴を徹底比較。

 

おすすめ暖房器具

管理人がオススメするイチオシの暖房器具を紹介していきます。
>>冬の電力不足と暖房器具と節電
D091549EFS(デロンギ)
輻射熱と自然対流により部屋を快適に暖めるオイルヒーター。人気の高出力タイプ。高気密住宅や寝室などの暖房にオススメ。
>>通販サイトへ
TOYOTOMI 石油ストーブ
(RB-25D)
電気が不要なので、停電時や災害時にも力を発揮する対流型石油ストーブ。耐震自動消火装置付き。
冬場の節電にも最適。
>>通販サイトへ

 

暖房器具・家電関連サイト

暖房器具や家電製品などに関連するウェブサイトを紹介しています。