暖房器具の選び方個別暖房器具の特徴比較>ウインドーラジエーター

ウインドーラジエーター / 暖房器具比較

ウインドーラジエーターとは窓の下などの設置をする暖房器具です。それ自身で部屋を暖めるというよりも、窓を通じて室内に侵入してこようとする冷気をシャットアウトすることにより、冷気の侵入を阻止する暖房補助器具です。

スポンサーリンク

ウインドーラジエーターの暖房としての5段階評価

ウインドーラジエーターはそれ自身に暖房能力はほとんどありません。

ただ、窓際に設置をすることで窓からの冷気侵入を抑えることで部屋の暖房効果を高める補助的な器具と言えます。

断熱性の高い壁や床と比べてガラスというものはどうしても熱を通しやすいです。
部屋は暖房で温かいのに窓際は寒いと感じた経験はありませんか?「暖房効果を高める暖房器具の配置法」でもまとめていますが、部屋の暖房効率を高めるには熱の逃げ場となる窓側から温めるのが効率的なのです。

ウインドーラジエーターのメーカーサイトによる説明では、ウインドーラジエーターを設置することで、同じエネルギー量で室温は約2度上昇するという研究結果を発表しています。

電気式暖房ですが、強く温めるわけではありません。 一般には1時間あたりの消費電力は120Wh程度ということですので、1日8時間利用しても電気代はおよそ15円程度(1kWhあたり25円で計算)になります。

窓に設置する形になるので窓が複数ある場合は複数に設置する方が効果的となります。

経済性(光熱費・ランニングコスト) ★★★
イニシャルコスト(導入コスト) ★★★
速暖性(あたたまる速さ) ★★
全体暖房性能 ★★★
部分暖房性能 ★★
環境・空気(換気性能) ★★★★★
手間・使い勝手 ★★
安全性 ★★★★
節電効果 ★★★
上記の評価は個人的な評価となっております。機器の年式などによっては必ずしも上記の通りとはいえない場合もあります。

 

ウインドーラジエーターの購入について

ウインドーラジエーターの購入を検討されている方にお役立ちリンクを紹介します。
ウインドーラジエーターをAmazonで探す

 

スポンサーリンク

ウインドーラジエーター」の用語解説・関連サイト

ここでは、「ウインドーラジエーター」に関連するお役立ちウェブサイトや通販サイトなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

・特にありません。

暖房器具比較 暖房器具の賢い選び方

暖房に関する基礎知識
暖房についての仕組みや暖房器具の方式、特徴、一般的なメリット・デメリットなどを紹介します。
暖房の効果を高めるテクニック
上手に冬の寒さに向き合うための暖房効果を高めるテクニックや暖房の活用法をガイド
目的別の暖房選び
用途・目的別に暖房器具の選び方を徹底的に解説していきます。
個別暖房器具の特徴比較
エアコン、石油ストーブ、電気ストーブなどの各種暖房器具の特徴を徹底比較。

 

おすすめ暖房器具

管理人がオススメするイチオシの暖房器具を紹介していきます。
>>冬の電力不足と暖房器具と節電
D091549EFS(デロンギ)
輻射熱と自然対流により部屋を快適に暖めるオイルヒーター。人気の高出力タイプ。高気密住宅や寝室などの暖房にオススメ。
>>通販サイトへ
TOYOTOMI 石油ストーブ
(RB-25D)
電気が不要なので、停電時や災害時にも力を発揮する対流型石油ストーブ。耐震自動消火装置付き。
冬場の節電にも最適。
>>通販サイトへ

 

暖房器具・家電関連サイト

暖房器具や家電製品などに関連するウェブサイトを紹介しています。