暖房の設定温度の適温は何度?

暖房を使うとき、寒いときはついつい設定温度を高めにしてしまいがちです。もちろん暖房の設定温度については、器具や使っている環境などにより変わってくるのですが、ここでは、暖房器具の設定温度の適温について考えていきます。

スポンサーリンク

暖房の省エネ温度について

近年は、地球温暖化の防止などを目的として「クールビズ」や「ウォームビズ」といった取り組みが行われています。地球温暖化の原因の一つとして、温室効果ガス(CO2など)の排出によるものが考えられており、電力や化石燃料などの使用量を減らすことで温暖化を防止しようという運動が起こっています。

環境省が提唱しているウォームビズでは、室内の暖房設定温度は20度にするというのが推奨されています。
この辺りの設定温度が省エネ的に考えると一番推奨される温度ということになります。

それでも寒い!という場合には、ウォームビズにあるとおり、まずは一枚洋服をプラスしてきてみてはいかがでしょうか?洋服を着ることで、体感温度を1度~2度ほどアップさせることができます。例えば靴下を一枚履くことで、体感温度はおよそ0.6度アップするといわれています。

また、「暖房効果を高めるテクニック」などでも様々な暖房を有効に活用する方法を紹介していますので、単に温度設定を上げるだけの暖房ではない暖房を考えてみてもよいのではないでしょうか?

ちなみに、省エネルギーセンターによると、外気温が6度のときに、2.2kWの定格出力をもつエアコンを使用しているとして、この時設定温度を21度から20度に変更することで、1年間に削減できる二酸化炭素の量は約22kgであるといわれています。

ただし、それでも寒いという場合は素直に設定温度を上げましょう。省エネも大切ですが、寒くて体を壊してしまっては意味がありません。あくまでも20度というのは無理のない範囲内でという認識でOKです。

スポンサーリンク

「暖房設定温度の適温は?」の用語解説・関連サイト

ここでは、「暖房設定温度の適温は?」に関連するお役立ちウェブサイトや通販サイトなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

ウォームビズとは
冬場は暖房だけに頼るのではなく、オフィス等で上着を着たり、厚着すること暖房の設定温度を下げようという運動のこと。

クールビズとは
夏場に薄着(ノーネクタイ・ノージャケットなど)で冷房の設定温度を上げて無駄な電気消費を減らそうという運動のこと。

暖房器具比較 暖房器具の賢い選び方

暖房に関する基礎知識
暖房についての仕組みや暖房器具の方式、特徴、一般的なメリット・デメリットなどを紹介します。
暖房の効果を高めるテクニック
上手に冬の寒さに向き合うための暖房効果を高めるテクニックや暖房の活用法をガイド
目的別の暖房選び
用途・目的別に暖房器具の選び方を徹底的に解説していきます。
個別暖房器具の特徴比較
エアコン、石油ストーブ、電気ストーブなどの各種暖房器具の特徴を徹底比較。

 

おすすめ暖房器具

管理人がオススメするイチオシの暖房器具を紹介していきます。
>>冬の電力不足と暖房器具と節電
D091549EFS(デロンギ)
輻射熱と自然対流により部屋を快適に暖めるオイルヒーター。人気の高出力タイプ。高気密住宅や寝室などの暖房にオススメ。
>>通販サイトへ
TOYOTOMI 石油ストーブ
(RB-25D)
電気が不要なので、停電時や災害時にも力を発揮する対流型石油ストーブ。耐震自動消火装置付き。
冬場の節電にも最適。
>>通販サイトへ

 

暖房器具・家電関連サイト

暖房器具や家電製品などに関連するウェブサイトを紹介しています。