暖房器具の選び方>冬の電力不足と暖房器具と節電

冬の電力不足と暖房器具と節電

今年の冬は一部で電力不足が心配されています。夏の電力不足については何とか乗り切ることができましたが、冬場も電気式暖房器具などの利用によって消費電力は大きくなります。今回は冬場の電力不足不安と節電、暖房器具についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

冬場の電力使用量は夕方がピーク

まず、夏場の節電では午後3時ごろに最も電力使用量が増えるような形でしたが、冬場は夏とはちょっとことなります。

具体的には朝方の仕事の開始時刻にかけての10時ごろ、と家庭での照明・暖房・料理などが重なる19時ごろのダブルピークとなっています。中でも19時ごろの電力使用量が最大となります。

 

冬場の電力使用と暖房の使い方で電力不足対策

冬場の電力不足対策としては「ピークシフト」については夏ほど有効ではありません。

夏場の場合、エアコンの最大需要が午後2時ごろであるのに対して、冬場の暖房需要というのは比較的途切れないためです。一日を通じて暖房のお世話になりがちです。

もちろん、まったく効果がないというわけではありません。可能であれば最大需要時間である18時~20時の時間帯は暖房を控えめにしたり、電気式暖房をやめて石油式暖房をメインにするなど、電気を消費しにくい暖房に切り替えるというのも一つの手段であるといえます。

 

節電暖房への切り替えは有効なのか?

もちろん、暖房器具をより省エネ性能の高いものに切り替えるというのも有効ですが、それよりも使用する暖房器具の使い分けが有効な手段かと思います。

一番節電効果が高いのは「電気を使用しない」タイプの暖房器具を選択するということ。

石油ストーブ」などは電気を使用しないタイプの暖房器具ですので、節電対策にはかなり有効でした。また、「石油ファンヒーター」、「ガスファンヒーター」などは多少電力は使用するもののほかの電気式暖房器具よりは電力消費が少ないです。

純電気式暖房器具の中での節電能力としては、「エアコン」での利用が最有力といえます。

その他のセラミックファンヒーター電気ストーブなどはかなりの電気喰い虫です。

スポンサーリンク

暖房器具比較 暖房器具の賢い選び方

暖房に関する基礎知識
暖房についての仕組みや暖房器具の方式、特徴、一般的なメリット・デメリットなどを紹介します。
暖房の効果を高めるテクニック
上手に冬の寒さに向き合うための暖房効果を高めるテクニックや暖房の活用法をガイド
目的別の暖房選び
用途・目的別に暖房器具の選び方を徹底的に解説していきます。
個別暖房器具の特徴比較
エアコン、石油ストーブ、電気ストーブなどの各種暖房器具の特徴を徹底比較。

 

おすすめ暖房器具

管理人がオススメするイチオシの暖房器具を紹介していきます。
>>冬の電力不足と暖房器具と節電
D091549EFS(デロンギ)
輻射熱と自然対流により部屋を快適に暖めるオイルヒーター。人気の高出力タイプ。高気密住宅や寝室などの暖房にオススメ。
>>通販サイトへ
TOYOTOMI 石油ストーブ
(RB-25D)
電気が不要なので、停電時や災害時にも力を発揮する対流型石油ストーブ。耐震自動消火装置付き。
冬場の節電にも最適。
>>通販サイトへ

 

暖房器具・家電関連サイト

暖房器具や家電製品などに関連するウェブサイトを紹介しています。