電気を使った暖房の特徴、光熱費

電気は家庭における主要なエネルギー源の一つです。オール電化住宅の場合にはこの電気のみが家庭のエネルギーとなっているはずです。エネルギー別の比較では暖房にとって最も非効率なエネルギーとされましたが、ヒートポンプ技術の登場により、場合によっては最も効率的な暖房源ともなります。

スポンサーリンク

電力と暖房

電力を使って暖房と聞くと、効率が悪い、電気代が高いというような意見が多く聞かれます。確かに「エネルギー別比較」のページを見ても明らかなように、電気はガスや灯油などの他の暖房エネルギー源と比較して価格比での効率性に大きな違いがあります。

1kWhの電気を使って得られるエネルギーは860kcalであり、電気代1円に換算すると35.7kcalしか熱を出せません。同じ条件でガス代(都市ガス)1円:70.12kcal、灯油1円:87.71kcalと灯油の半分以下です。

例えば、人気のオイルヒーターの場合で1500Wのものの場合、1時間の電気代コストはおよそ36円となります。1日に6時間つけていたとすると、月に6000円の電気代がかかることになります。

一方で、電力というエネルギー源のメリットとして、その手軽さと安全性が挙げられます。ガスのように中毒や爆発などの恐れ小さい上に、灯油のようにわざわざ買いに行ったり保管しておく必要性が無いというのも魅力的です。

 

ヒートポンプ技術

一方で、ヒートポンプ技術という技術が電気式暖房の暖房効率性を大きく向上させています。これはエアコンや「エコキュート(電気式給湯機)」などに採用されている技術です。

外の温度との熱交換という仕組みにより動いている技術で、この技術は電気で熱を作るのではなく、外の温度を圧縮して熱を作るという仕組みになっています。そのため、使用する電気量に必ずしも熱量が比例しないという特徴があります。

このヒートポンプ技術の性能を示す指標がCOPで、このCOPが2という場合、電気を使用して作る熱の2倍の熱量を生み出すことができるという意味になります。

最新式の暖房(エアコン)の場合このCOPは4倍以上のものが登場しており、これに換算しなおすと、1kWhあたりの熱量が3440kcalと、ガスや灯油よりもはるかに高効率な暖房となります。

 

ヒートポンプ技術の暖房器具!エアコン

ヒートポンプを利用した暖房器具としてはエアコンが挙げられます。暖房器具の中でも効率性という意味では、第1位の実力(ただし、寒冷地は除く)となっています。

ヒートポンプ技術は、熱交換を行いますので暖房利用の場合外の空気があまりにも低い場合は熱を圧縮するために多くのエネルギーが必要となってしまいます。そのため、関東以北の寒冷地では、効率性で見た場合でも他の暖房器具より劣る場合があります。

このほかにも電気を使った暖房器具にはたくさんの種類があります。
部分暖房としては「セラミックヒーター」「電気ストーブ」などが挙げられますし、部屋をじんわりと暖める効果がある「オイルヒーター」なども電気式の暖房器具です。

 

スポンサーリンク

「電気」の用語解説・関連サイト

ここでは、「電気」に関連するお役立ちウェブサイトや通販サイトなどを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

kWhとは
kWh(キロワットアワー)は使用する電力の単位。キロワット時とも表現される。

ヒートポンプ技術とは
熱交換の仕組みにより、室内外で熱を移動させることで冷暖房機能を持たせる技術。

家電製品の消費電力一覧
一般家庭で利用される様々な家電製品の商品電力を紹介しています。

暖房器具比較 暖房器具の賢い選び方

暖房に関する基礎知識
暖房についての仕組みや暖房器具の方式、特徴、一般的なメリット・デメリットなどを紹介します。
暖房の効果を高めるテクニック
上手に冬の寒さに向き合うための暖房効果を高めるテクニックや暖房の活用法をガイド
目的別の暖房選び
用途・目的別に暖房器具の選び方を徹底的に解説していきます。
個別暖房器具の特徴比較
エアコン、石油ストーブ、電気ストーブなどの各種暖房器具の特徴を徹底比較。

 

おすすめ暖房器具

管理人がオススメするイチオシの暖房器具を紹介していきます。
>>冬の電力不足と暖房器具と節電
D091549EFS(デロンギ)
輻射熱と自然対流により部屋を快適に暖めるオイルヒーター。人気の高出力タイプ。高気密住宅や寝室などの暖房にオススメ。
>>通販サイトへ
TOYOTOMI 石油ストーブ
(RB-25D)
電気が不要なので、停電時や災害時にも力を発揮する対流型石油ストーブ。耐震自動消火装置付き。
冬場の節電にも最適。
>>通販サイトへ

 

暖房器具・家電関連サイト

暖房器具や家電製品などに関連するウェブサイトを紹介しています。